自然との共生

自然との共生

  • 自然との共生
  • eco活動の取り組み

自然との共生

人と自然が調和するリゾートづくり

自然の景観を活かして、1974年に開業した「つま恋」。広大な敷地には自然林が多く残っており、さまざまな動植物が生息しています。「自然共生型リゾート」という理念を掲げ、豊かな自然を保全しながら、理想的なリゾートづくりをめざしています。

絶滅が危ぶまれる動植物の保護・育成につとめます

2003年「つま恋」の自然林の調査を実施した結果、クロヤツシロランやエビネ、オオタカなど環境省が「絶滅危惧種」に指定している動植物の存在が確認されました。そこで「つま恋」では有職者からの協力を得て、自然との共生を心掛け、施設運営を行ってまいりました。

1.クロヤツシロラン
暖帯に分布する植物で推定現存数2,000個体、80年後に絶滅のおそれがあるとされています。
2.エビネ
山地や丘陵に分布する植物で推定現存数20,000個体、100年後に絶滅のおそれがあるとされています。
3.オオタカ
温帯から亜寒帯に生息するタカの1種で環境省レッドデータブックのほか「種の保存法(絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律)」における「希少種」にも指定されています。
絶滅が危ぶまれる動植物の保護・育成につとめます

ゲンジボタル

広大な敷地をもつ「つま恋リゾート 彩の郷」。その中の特に静かな小川沿いの一隅に、ゲンジボタルが生育するビオトープがあります。2002年よりホタルがすみやすい環境を整備、ゲンジボタルの幼虫を放流して、その保全につとめてきました。ホタルもそのエサとなるカワニナも順調に増えつつあり、初夏にはビオトープ一帯で飛び交う姿を観賞することができます。

ページTOPへ戻る

eco活動の取り組み

つま恋リゾート 彩の郷ではCO2削減対策の一環としてecoメイクの取り組みをしております。
これは、お部屋の清掃、ベットメイク、客室内の備品の補充を省くことによって削減されたコスト相当額で樹木を購入し植樹活動を行う取り組みです。

「エコで宿泊」ecoメイクプラン
  • 客室内備品の交換、補充を省きます。
    (お茶・お菓子・歯ブラシ・カミソリ・シーツ・枕カバー・浴衣・バスマット・コップ・湯のみ茶碗)
  • バスタオル、フェイスタオルは日数分をご用意しております。
  • お部屋のゴミ箱・灰皿の清掃回収はいたしません。

ご予約はこちら

ページTOPへ戻る

アトラクション施設検索 - 大きいマップで見る

おすすめコンテンツ

  • 日帰り利用も歓迎!森林の湯
  • 音楽イベント コンサートの歴史
宿泊予約 宿泊プラン一覧
ページトップへ